プラセンタ療法

HOME | プラセンタ療法・自費診療

プラセンタ療法・自費診療


プラセンタ療法


プラセンタとは胎盤のことをいいます。胎盤は胎児が育つ為に必要な組織です。
胎盤の中にはたくさんの種類の生理活性物質が含まれています。この生理活性物質を効率
よく抽出した医療用医薬品が人胎盤由来プラセンタ製剤(ラエンネック)です。
元々は『慢性肝疾患に対する肝機能の改善と肝予備脳を賦活』する効果があり、慢性肝
炎や肝硬変の治療に使われてきました。しかし、近年では肝臓の改善効果だけではなく、
美肌・美白・アンチエイジングにも効果があるといわれております。

料金

・慢性肝疾患における肝機能の改善を目的とした投与については、保険適応です。(ただ
し、定期的な血液検査での肝機能のチェックが必要です)
・美肌・美白・アンチエイジング効果等を目的とした投与に対しては自費になります。

自費の場合

プラセンタ注射〔皮下〕

 

初診料

2,000円(税込み)

1アンプル

1,000円(税込み)

2アンプル

1,500円(税込み)

自費の場合

プラセンタ注射〔皮下〕


初診料・・・2,000円(税込み)


1アンプル・・・1,000円(税込み)


2アンプル・・・1,500円(税込み)